板材

近所のホームセンターで売っているものの中から選ぶことにする。エンクロージャの材質によって音は大きな影響を受けるが、気にすることはない。使いやすいものを買えばOK。

合板:いわゆるベニヤ板。安価なものから高価なものまで各種あり。厚さも何種類もある。割れることはまずないので使いやすい。接着剤が多量に使用されているのでホルムアルデヒドが少ないものを選びたい。
MDF:木目が無く割れにくい。加工しやすく安価。水分に弱いので塗装した方が良さそう。
集成材:パイン、ファルカタ、桐、杉、ゴムの木など各種あり。無垢の板ほどではないが木目にそって割れることがあるので注意が必要。

今回は見た目が良く安価な集成材に決定。一般的に固くて重い材質の方が余計な振動を抑え込んで音質が良いと考えらている。しかし軽くて柔らかい方が加工しやすく、作るのが簡単。そのかわり箱が響きやすくなる。今回は加工しやすい桐の集成材あたりにするつもり。実際に響かない箱を作るのはとても大変。MagicoのQ1みたいのものを素人が作れるはずもない。開き直って響きまくる箱にしてみよう。そのほうが安ユニットの実力もごまかせるような気がする。

2014年1月29日

次ページへ

スピーカー製作目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.