柔らかい木材の問題点

今回桐集成材という柔らかい素材でで2wayのエンクロージャーを作ってみたけど重大な欠点が判明。それは

低音の振動によってユニット取り付けのネジが緩んでしまう

いままで柔らかい木材は3wayの中高音部分にしか使わなかったので気づかなかったよ。ドナルドフェイゲンのMOEPH THE CATなんかをほぼフルボリューム(アパートなんかだと隣はおろかその向こうから苦情がくるぐらいの音量)で鳴らすとあっという間にネジが緩んでしまう。

もっと小さい音で聞くか、3wayにして低音をカットすれば問題ないとおもうけど。
結論として2way(に限らず低音まで再生)のエンクロージャーに柔らかい材質を使う場合でもフロントバッフルだけは固いネジのしっかり効く材料を使うべき。そうでないと振動でネジが緩んでしまう。

2014年6月7日

次ページへ

スピーカー製作目次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.