B09 マイク補正

室長:いちおう測定の前にマイク補正をしておくか。ECM8000の特性データを調べてくれ。

助手:ネット上に実測データがいくつかありますがかなりバラついてますね。ここはとりあえずメーカーサイトのデータを見ましょう

ECM8000スペックシート

室長:うむ。このデータから逆特性のフィルタを作ってくれ。

助手:面倒くさいけどしょうがないか。


fs=44100;
f=[0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 10000 12000 15000 20000 fs/2];
m=[0  0  0.125 0.75 1.25 1.5 1.625 1.625 1.6  1.375 1.25  0.75 -1.125 -1.125];
f1=f/(fs/2);
m1=db2a(-m);
ecm8000=fir2(254,f1,m1);
filterplot(ecm8000,44100);
save ecm8000 ecm8000


こんな感じです。このフィルタを測定直後のデータ補正に使用すれば良いのですね。

室長:うむ。ちなみに当研究室のECM8000を某測定用マイクと比較して作った補正ファイルと比較するとこんな感じじゃ。赤が当研究室、青がメーカーサイトの特性だ。

まあ、これくらいの違いは気にせずにおおらかな気持ちで測定てみてくれ。

2012年12月30日

次ページへ

目次へ