D05 フルレンジを補正する

室長:では作ったフルレンジスピーカーを聴いてみよう。

助手:うーーーん。悪くないですね。低域は出てないですがこれはこれでアリでしょう。

室長:まあとりあえず測定して補正してみよう。8cmなら100Hz、10cmなら90Hz、13cmなら80Hzくらいまでフラットにしてそれ以下をカットしてみよう。高域の補正はほどほどにな。

助手:おおっ!だいぶ違いますね。これならチャンデバでマルチウェイなんて面倒なことをしないでフルレンジのままで良いんじゃないですか?

室長:….これだからフルレンジは嫌いじゃ。オーディオに興味のない大抵の人はミニコンポやラジカセと比較してこの程度の音で十分高音質だと思ってしまうのだ。もちろん究極のフルレンジはもっと高音質なのだが適当に作ったフルレンジスピーカーを適当に補正しただけでもこの程度の音は出てしまうのだ。だがこれでは発展性がない。さらなる高音質を目指してマルチウェイに挑戦して欲しい。なーに、測定してデジタルフィルタをつかえば簡単だ。

助手:分かりました。フルレンジで十分、マルチウェイなんていらないと言う人の気持ちも分かりますが、ここはマルチウェイに進んでみましょう。

2013年3月30日

次ページへ

目次へ