F01 アナログディスクをデジタル化しよう!

助手:アナログディスクの再生はベテランのオーディオマニアっぽくてかっこいいですね。室長はどんなプレーヤーを使っているのですか?

室長:持ってない。

助手:え?よく聞こえませんでした。もう一度お願いします。

室長:だから、アナログプレーヤーは持ってない!

助手:はあ?レコードプレーヤ無しでどうするのですか?

室長:まあそういうわけで今回のアナログディスク編は完全に机上の空論だ。だがそのうちアナログをやっている知り合いに協力してもらって実験して見ようとは思ってる。

助手:そんなんでいいんですか?

室長:まともなアナログの再生は金と手間がかかるのだ。工夫次第でどうにかなる部分もあるが、限界がある。まあ研究予定ということで勘弁してもらいたい。

助手:まず、普通にPCチャンデバでアナログを再生する方法を教えてください。

室長:これは簡単だ。mpdと連携するためにBruteFIRを標準入力で使ってきたが設定ファイルの入力部分をALSAにすれば良いのだ。レコードを普通に再生してフォノイコライザを通した出力をアナログでALSAデバイスに入力、もしくは好きなADコンバータを使ってデジタル化してから入力すれば良いのだ。音質を左右するのはADコンバータ、フォノイコライザ、カートリッジ、アナログプレーヤー、そしてレコードの品質など色々ある。すべてを最高にしようとしたらかなりのコストがかかる。またはレコードをフォノイコライザを通してからデジタル録音しておけば良いのだ。そうすればCDをリッピングしたのと同様にmpdから再生できる。

助手:室長のことだからこの普通の方法ではやらないのですよね?

室長:その通り、だんだん分かってきたな。せっかく自由にデジタルフィルタが設計できるのだからイコライザはデジタルに任せてしまおう。そうすればRIAAカーブでなくても何種類でも好きなカーブを作って再生時に選べるようになる。そのためにはレコードをイコライザを通さないでデジタル録音する必要がある。そのためには電子工作が必要になるかもしれん。

助手:イコライザはアナログでやった方が良いのじゃないですか?

室長:すべてアナログならばな。だか当研究室ではすでにデジタルフィルタを使ってしまっている。毒を喰らわば皿までじゃ。

助手:じゃあへぼへぼの音しかしないかも知れませんがイコライザを作ってみますか。

2013年4月12日

次ページへ

目次へ