F04 RIAAイコライザ2

室長:前回のフィルタの特性は散々だったな。今回はRIAAイコライザをもうちょっとマシな特性で作ってみよう。Ventor Sound エンジニアのつぶやきというサイトに非常に勉強になることがいろいろと書いてある。このサイトの中の「WAV音源を作ろう!(5)」にRIAAイコライザの回路とLTspiceの使い方が書いてある。これを参考にデジタルフィルタを作ってみよう。

助手:LTspiceもwineで動きますね。octave32点で特性をtextファイルにexportしてoctaveのfir2関数で計算して見ます。今回もサンプリング周波数96k、4095tapで作って見ました。赤がアナログフィルタ、青がデジタルフィルタです。

f04_1

室長:位相特性も表示してみよう。時間をすこしずらして表示してみるとこうなる。これも赤がアナログ、青がデジタルの特性だ。

f04_2

前回よりも特性がなめらかになっている。このくらいの特性ならとりあえず良いだろう。Audacityのイコライザは直線位相なので今回作ったフィルタの方が正しい波形が再現出来るはずだ。

2013年4月22日

次ページへ

目次へ