I04 voyageMPD0.9.1をUSBメモリにインストール

助手:前回からだいぶ時間が経ってしまいましたね。

室長:うむ。実はVoyageMPDのバージョン0.9.1が出るのを待っていたのだ。

助手:0.9.0は大分まえにリリースされていたようですが?

室長:0.9.0はinitrdにバグがあってUSB起動が出来なかったのだ。それで0.9.1を待っていたというわけだ。このへんはみみず工房さまの掲示板に詳しい。voyageMPDをインストールするならみみず工房さまのサイトは必見じゃ。

それはさておきvoyageMPDをUSBメモリにインストールする話はあまり出てこないので簡単に書いておこう。ここではすでにLiuxマシン(UbuntuでもArchでも良い)があることを前提にLiveCDではなくvoyage-mpd-0.9.1.tar.bz2を公式サイトからダウンロードする。インストール方法はGetting Started(v0.9.x)に書いてある。

助手:ではUbuntuをインストールしたパソコンでやってみます。
まずUSBメモリの準備をします。最近のメモリは容量が大きいのでGpatedでパーティションを2つに分けて最初をVoyage用に、残りをデータにします。作業用のディレクトリ/mnt/cfも作っておきます。usbメモリのデバイスを確認して/dev/sdb1なら


sudo mkfs.ext2 /dev/sdb1
sudo tune2fs -c 0 /dev/sdb1
sudo mkdir /mnt/cf

次にダウンロードしたファイルを解凍してインストールします。


sudo tar --numeric-owner -jxf voyage-mpd-0.9.1.tar.bz
cd voyage-mpd-0.9.1/
sudo ./usr/local/sbin/voyage.update

あとはスクリプト通りに簡単にインストールできます。

室長:注意点としては

USBメモリがすでにマウントされているとエラーになること
2 – Select Target Profileで8 – Generic PCを選ぶこと
3 – Select Target DiskでUSBメモリのデバイスを間違えないようにすること(ubuntuからなら/dev/sdb)
6 – Partition and Create Filesystemで 2 – Use Flash Media as-isを選ぶこと(1を選ぶとせっかく作ったパーティションが消されてしまう)

くらいかな。

あとは再起動してパソコンがUSBメモリから起動するようにすればvoyageMPDが立ち上がるはずだ。
うまく行かない場合にはディスク管理でUSBメモリのインストールしたパーティションのタイプがLinux (0x83)、ブータブルにチェックが入っているが確認じゃ。

2013年6月21日

次ページへ

目次へ