K01 DCX2496を直線位相に変える1

これは2014年のスピーカー再生技術研究会のオフ会でウケをねらって発表しようとしたものですが時間切れで発表できませんでした。

DCX2496は言わずと知れたベリンガーの業務用デジタルチャンネルデバイダーです。安価で高機能なのでユーザーも多いとおもわれます。デジタルフィルタはIIRでベッセル、バターワース、リンクウィッツライリーが選べます。これを直線位相のチャンネルデバイダに変えてしまおうというわけです。

実際にためして音を聴いたわけではないのでやる意味があるのかどうかは不明ですが、デジタルフィルタのデモとしては面白いかと思います。

本体の改造は不要で、前置フィルターを置くだけです。それによって直線位相が簡単に実現できます。

簡単に言うとチャンネルデバイダの位相特性の逆フィルタを作って、音楽を再生する時にこのフィルタを通してからDCX2496でデバイディングを行います。これによってDCX2496の出力結果が直線位相になります。

次回から例としてリンクウィッツライリーの2wayで計算してみます。

2014年10月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.